ボトックスの効果で小顔になれる【経験数が多い医師を選ぶ】

気軽に受けられる施術

注射

アドバイスをよく聞く

ボトックス小顔は注射をするだけで顔を小さく見せられるということで、とても人気のある美容整形のひとつです。美容整形といっても、この施術の大きな特徴は効果が一生続くわけではないということです。そのため、他の施術に比べて気軽に試すことができ、もしも気に入らない結果になってしまっても、時間がたてば元の状態に戻るので失敗をするというリスクがかなり低くなります。薬剤を入れる注射をするだけの施術なので、重篤な副作用はなく安心して受けられる施術です。しかし、注射をする時の痛みは完全になくすことができないので、全く苦痛がないというわけではありません。痛みに弱い人は事前に申し出をしておけば麻酔を使うなど配慮してもらえることがあるので、一度確認をしてみましょう。注射をする時の痛みは大きく分けると二種類のものがあり、皮膚に針を刺す時の痛みと薬剤が体の中に入る時の痛みです。針を刺す時の痛みは細い針を使っていれば、そこまで強くなることはありませんが注射が苦手と言う人は皮膚の麻酔をかけると針が入る時の感触をなくすことができます。この時の麻酔は皮膚に塗るだけのものがあるので、簡単に麻酔を使うことができます。もうひとつの薬剤が体に入る時の痛みは皮膚の麻酔だけでは、消すことができない種類のものです。この時の痛みはかなり個人差があり、強く痛みを感じる人とそこまで痛みを感じない人に分かれます。この痛みは薬剤が入る時だけなので、そこまで長時間続くわけではありません。ボトックス小顔は約15分ほどで完了する施術なので、痛みがあったとしても短時間のみということになります。ボトックス小顔を受ける時には、ボトックスが筋肉だけに作用するということを覚えておきましょう。顔を小さく見せるためには、顔が大きく見えている原因を探ることも大切です。もしも脂肪がつき過ぎていることで顔が大きくなっているのであれば、脂肪を取り除かなければ顔を小さく見せることはできません。ボトックス小顔は顔の中の咬筋と言う筋肉に作用を出して筋肉を細くすることで顔を小さく見せます。そのため、他の部位まで効果を広げることができず、二重あごなどを改善させることはできません。もしもボトックス小顔を行っても小顔効果が見られないという時には、咬筋以外の部分に問題があると考えられます。こういった内容については事前のカウンセリングの段階で担当医とよく話し合いをすることが大切で、美容外科の医師が診察をして咬筋の状態を見れば、ボトックスの効果があるかどうかのおおよその判断がつきます。もしも、他の原因で顔が大きく見えているのであれば、その時に適切な治療内容のアドバイスを受けることができるでしょう。美容整形の種類は非常に多く、他にもメリットの多い治療法があるので、カウンセリングの際の医師のアドバイスはよく聞くようにしたほうが成功率が高くなります。自分のしたい施術と違っていたとしても、結果的に希望の姿に近づくことができる可能性があるので、アドバイスを聞いて良く考えることが大切です。どうしても決められないという時には、別のクリニックのカウンセリングを受けて、違った医師の意見も聞いてみると参考になるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックスの効果で小顔になれる【経験数が多い医師を選ぶ】 All Rights Reserved.